荻野貴 サヨナラ打 マリン女子1500人とハイタッチ

[ 2014年5月15日 05:30 ]

<ロ・ソ>サヨナラの余韻が残る球場で1500人の女性ファンとハイタッチを行う荻野貴らナイン

パ・リーグ ロッテ3-2ソフトバンク

(5月14日 QVC)
 ロッテ・荻野貴が、1500人の女性と勝利のハイタッチ。チームは今季初のサヨナラ勝ち、そして自身も初のサヨナラ打を記録したヒーローは「ちょっと苦手ですね」と頭をかいた。

 2―2の延長11回2死一、二塁。「思い切っていこうと思った。狙い通り」と初球の141キロを捉え、中越えに運んだ。チームは前日までの7試合で計15得点と打撃不振。試合前練習には「直球を強く打てていない」と、スイングスピードを計測する1台3万3000円のSSK社「マルチスピードテスター2」を2台導入。指揮官の狙い通り、最後は荻野貴が直球を打ち砕いた。

 この日は球団の女性職員が企画立案した「スーパーレディースナイト」で、観衆の42%が女性。「背中を押してくれた。勇気をもらいました」と荻野貴。最後まで黄色い声援に包まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース