石川 手応え2連勝「腕を思い切って振れるようになった」

[ 2014年5月15日 05:30 ]

<巨・ヤ>勝利投手となり、小川監督(左)とナインを出迎える石川

セ・リーグ ヤクルト10-3巨人

(5月14日 ひたちなか)
 ヤクルト先発の石川が8回2失点で危なげなく2勝目を挙げた。

 初回に片岡に先制ソロを浴びたが、2~7回は無安打投球。「(逆)風もあったので、低めを突いて走者をためないことを意識した」振り返った。完封で初勝利を挙げた7日の広島戦(神宮)から2連勝。「1勝したことで気分が良くなったというか、腕を思い切って振れるようになった」と手応えを口にした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース