中日 今季2度目の4連勝 序盤で勝負決める

[ 2014年5月15日 21:13 ]

<D・中>3回2死一、二塁、中日・平田の適時打で二走・大島が生還
Photo By スポニチ

セ・リーグ 中日6―2DeNA

(5月15日 横浜)
 中日が序盤の大量得点で試合を優位に進め、今季2度目の4連勝を飾った。

 3回、大島、平田の適時打で2点を奪い、森野の3点本塁打で一挙5点を先取。8回に1点を加え、ダメ押し。先発の浜田は6回4安打2失点で今季2勝目をマークした。

 DeNAは先発の加賀が3回に突然乱れ、終始後手に回った。6回に筒香の2点本塁打で反撃したが、3、4番に安打がなく3連敗。再度借金が10になった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース