青木 1安打も凡打悔やむ「もう1回は出塁したかった」

[ 2014年5月15日 05:30 ]

<ロイヤルズ・ロッキーズ>チームメートとタッチを交わすロイヤルズ・青木

インターリーグ ロイヤルズ5―1ロッキーズ

(5月13日 カンザスシティー)
 ロイヤルズの青木は第1打席で左前へクリーンヒットを放った。

 内角速球をおっつけて三遊間を破ったものの、「うまく打てて、いいところに飛んでくれた。もう1回は出塁したかった」とその後の凡退を悔やんだ。試合はエースのシールズが7回1失点8奪三振の力投で通算1500奪三振を達成し、5勝目。チームは2連勝で2日以来の勝率5割に復帰した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース