木谷 G倒3勝目「この打線があるから思い切って投げられる」

[ 2014年5月15日 22:00 ]

<巨・ヤ>手を振り声援に応える3勝目の木谷

セ・リーグ ヤクルト11―4巨人

(5月15日 東京D)
 ヤクルトは巨人戦初先発となった3年目右腕の木谷が7回を6安打2失点で3勝目を挙げた。

 「(巨人戦初勝利は)うれしいです。これからも対戦あるんできょうの1勝を胸に刻んで準備したい」

 最大のピンチは5回。1死一、二塁から阿部の時に暴投で二、三塁とピンチを広げたが、阿部を二ゴロ、村田を中飛に抑え、この回1失点でリードを守った。

 粘りの投球が実り、その直後に打線が再びリードを広げる3得点。「打線が点を取ってくれたんでテンポ良く投げようと心がけた。この打線があるから僕らも思い切って投げられる」と感謝も忘れなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース