広島 初回3球先制も…中盤以降3併殺は残念

[ 2014年5月15日 05:30 ]

<広・神>9回、永川(左から4人目)に交代を告げる野村監督(左)

セ・リーグ 広島3-4阪神

(5月14日 米子)
 2点ビハインドの9回1死。マウンドには相手守護神・呉昇桓。絶望的な状況でも、広島・キラは勝利をあきらめてはいなかった。「感触はあった。1球、甘い球を見逃していた。しっかり仕留められて良かった」。

 重い直球を完璧にとらえると、打球は一直線に右翼場外へと消えた。4月5日のDeNA戦以来となる4号ソロ。最終的に試合には敗れたが、今後の対戦に向けて、価値のある一発だった。

 先発ローテーションの谷間で、小野が今季初先発。援護は初回からあった。先頭の梵が初球を叩いて右翼線二塁打。菊池が1球で犠打を決めた。3番・丸は、これも初球を左翼線二塁打し、打者3人、わずか3球で速攻の先制劇。首位を走る赤ヘル軍団の勢いを見せつけた攻撃だった。

 野村監督は4、5、7回に喫した併殺を振り返り「積極的に行く中で、難しい球に手を出していた」と残念がった。16日からは交流戦前最終カードの巨人3連戦。球団史上初の首位での交流戦突入に向け、見せつけた勝利への執念を東京ドームまで持ち込む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース