ダル、主戦の責任感「周りがどれだけいなくなっても…」

[ 2014年5月15日 10:09 ]

 米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュ有投手は14日、4勝目を狙う16日(日本時間17日)のブルージェイズ戦に向け、遠征先のヒューストンのブルペンで投球練習を行った。先発陣に故障者が相次ぐ状況に「周りがどれだけいなくなっても(故障せずに)シーズンを通して投げることは変わらない。毎日、体をしっかりケアしてやっていきたい」と主戦の責任感を口にした。

 9回2死まで126球を投げて3勝目を挙げた9日のレッドソックス戦の力投から中6日の間隔を空けての登板となる。「中4日でいくより、1日でも(多く)空いた方が肩肘とかにいいと思う」と前向きに捉えた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月15日のニュース