ロッテドラ1石川 安定感光った OP戦防御率は1.42

[ 2014年3月24日 05:30 ]

<ヤ・ロ>カーブを有効に使い5回を無失点に抑えた石川

オープン戦 ロッテ5―1ヤクルト

(3月23日 神宮)
 ロッテドラフト1位の石川は、オープン戦最終登板を5回6安打無失点で締めた。

 当初、100球を予定していたが、右手中指のまめの影響で予定よりも早い75球で降板し「内容が良くなかった。球は高かったし、決め球の精度が悪い」と自己採点は辛口。オープン戦の防御率は1.42と安定感が光ったが、登板が確実視される30日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に向け、課題を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月24日のニュース