白鴎大足利 比嘉 1失点完投 沖縄出身エース次は沖縄尚学と

[ 2014年3月24日 05:30 ]

<白鴎大足利・東陵>9回1失点の好投を見せた白鴎大足利・比嘉

第86回選抜高校野球大会1回戦 白鴎大足利9―1東陵

(3月23日 甲子園)
 不思議な縁だ。運命と言っていい。白鴎大足利のエース比嘉は仲間をバックに投げ抜いた。

 「県外に出て、甲子園で勝てた。最高の気持ちです」。ジャスト100球で1失点完投。低めを突き、変化球を風向きによって投げ分けた。右からの横風の時はスライダーを、その逆の風ではチェンジアップ。「ボールの軌道を考えて」と、より鋭く変化するよう風も利用した。打っても4回、一挙4点の口火を切る右翼線三塁打を放った。

 中3の時、ポニーリーグの全国大会決勝で対戦した直井、中島、大川に「一緒に甲子園へ行こう」と誘われた。悩んだ末に親元を離れて沖縄から栃木へ。その直井、中島がともに3安打で援護してくれた。県内なら沖縄尚学に進学予定だったという。2回戦の相手は目の前の第1試合で勝ったその沖縄尚学だ。

 「県外に出て尚学を倒そうとやってきた。勝ってたくましくなった姿を見せたい」。数奇な運命に比嘉は決意を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月24日のニュース