尾田 無四球完投「点を取られても動じなかった」

[ 2014年3月24日 12:10 ]

三重戦に先発した智弁学園・尾田

第86回選抜高校野球大会第4日 智弁学園7―2三重

(3月24日 甲子園)
 強打の三重打線を2点に抑え、無四球完投した智弁学園のエース尾田は「点を取られても動じなかった」と胸を張った。

 身長166センチと小柄だが、気持ちの強さが売りだ。4回、4番の西岡に高めに浮いたカーブを左翼席へ運ばれてスイッチを入れ直した。「体では負けているけど気持ちでは負けない。体の大きい打者を詰まらせるのは気持ちいい」と得意げに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月24日のニュース