“沖縄のライアン”沖縄尚学・山城 吉兆初戦1―0完封 過去2度は優勝

[ 2014年3月24日 05:30 ]

<報徳学園・沖縄尚学>4安打完封勝利の沖縄尚学・山城

第86回選抜高校野球大会1回戦 沖縄尚学1―0報徳学園

(3月23日 甲子園)
 左足を跳ね上げて膝は顔の前まで上がる。「沖縄のライアン」の異名を持つ沖縄尚学・山城は、ダイナミックなフォームから投げ込んだ112球目で最後の打者を空振り三振に仕留めた。「1回から9回まで気が抜けなかった。1点を守るより攻める気持ちで投げた。最後はホッとした」。1―0完封劇。昨春は敦賀気比に敗れた初戦を突破して、安堵(あんど)感を漂わせた。

 初回、四球と安打で1死一、三塁のピンチを招くが4番・岸田を一邪飛、続く普久山は二飛に、どちらも直球勝負で打ち取った。「真っすぐは走っていたと思う。高めを打ってくれてフライが多く助かった」と序盤は力で押した。3回からはスライダー、ツーシームをバランスよく混ぜた。4回以降はわずか1安打無四球。危なげなく虎の子の1点を守りきった。

 大リーグの名投手、ノーラン・ライアンばりに左足を大きく上げるフォーム。「まねをしたわけではなく自然にこうなった。上げる、ではなく上がるという感じ」という。1メートル76の身長をより大きく見せ、打者に威圧感を与えたいと生み出したオリジナル投法。このフォームで昨秋は九州大会を制し、神宮大会優勝をもたらした。オフには「軸がぶれないように体幹強化と走り込みに取り組んだ」。1日100球の投げ込みを1週間続けてフォームを固め、スタミナも養成した。9回にこの日の最速141キロを記録したのはオフの強化の成果だった。

 沖縄尚学の初戦1―0完封は過去99、08年の2度あり、いずれも優勝している。99年は比嘉公也(現監督)が比叡山を完封、08年は東浜巨(現ソフトバンク)が聖光学院を完封して優勝への扉が開いた。V確率は100%。山城の右腕がセンバツV3を引き寄せる。

 ▼沖縄尚学・比嘉公也監督 山城は初回のピンチを切り抜けて力が抜けた。いいペース配分だった。足を上げすぎるので、あとは疲労が心配。

 ▼ロッテ・伊志嶺(06年度卒)大舞台では初戦が一番難しいけど、1点を守りきる勝利でチームが勢いづいたと思う。このまま勝ち進んで、ぜひ優勝してほしい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月24日のニュース