鎮西 エース須崎「大舞台で緊張した」 好投も痛恨ボーク

[ 2014年3月24日 05:30 ]

<佐野日大・鎮西>初戦で敗れた鎮西ナイン

第86回選抜高校野球大会1回戦 鎮西0―2佐野日大

(3月23日 甲子園)
 5回に自らのミスで得点を許した鎮西(熊本)のエース須崎は「大舞台で緊張した」と悔やんだ。

 無死一塁から打者のバントの構えで前進した一塁手が「目に入った」と投球動作を途中で止め、ボークを取られて二進を許した。直後のバント処理では足を取られて一塁悪送球でピンチを広げ、無死満塁から2点打を許した。ただ、崩れたのはこの回だけ。相手先発の田嶋と投げ合えたことを「いい勝負ができて幸せ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月24日のニュース