智弁学園・岡本58号&59号 大会タイの1試合2本塁打

[ 2014年3月24日 10:27 ]

<三重・智弁学園>1回2死、智弁学園・岡本は中越えに本塁打を放つ

第86回選抜高校野球大会第4日 智弁学園7―2三重

(3月24日 甲子園)
 第86回選抜高校野球大会第4日は24日、甲子園球場で1回戦が行われ、第1試合に出場した智弁学園の注目のスラッガー岡本和真内野手(3年)が、大会タイ記録となる2本塁打を放った。通算19人目。

 183センチ、95キロの恵まれた体格で、出場選手でトップの打率6割3分2厘、4本塁打を誇る岡本は初回に自身通算58号となる名刺代わりのバックスクリーン弾、6回には左越えに59号ソロ本塁打を放った。

 大会前には労性の腰痛を発症していたが、心配を吹き飛ばす打撃を披露。岡本は「甲子園は広い球場なので、(ダイヤモンドを)回っていて気持ちが良かった」としながらも「いつも練習してきた通りインコースの球を打てました」と冷静。いつもと同じ打席でいつも通りのスイング、2本打ったことにも「たまたまです」と謙虚に話した。

 夏の甲子園では1試合3本塁打が記録。第66回大会(1984年)に清原和博(PL学園)、第87回大会(2005年)に平田良介(大阪桐蔭)が記録している。

【センバツ過去の1試合2本塁打】
第1回大会(大正13)田嶋豊次郎(和歌山中)
第37回大会(昭和40)藤田 平(市和歌山商)
第51回大会(昭和54)阿部 慶二(PL学園)
第55回大会(昭和58)藤王 康晴(享栄)
第56回大会(昭和59)桑田 真澄(PL学園)
第56回大会(昭和59)清原 和博(PL学園)
第57回大会(昭和60)宮内 仁一(池田)
第61回大会(平成元)元木 大介(上宮)
第62回大会(平成2)高木 浩之(享栄)
第63回大会(平成3)長沼 史朗(春日部共栄)
第63回大会(平成3)林  孝哉(箕島)
第64回大会(平成4)松井 秀喜(星稜)
第67回大会(平成7)大森 聖也(観音寺中央)
第74回大会(平成14)赤土 善尚(福井商)
第76回大会(平成16)中村 桂司(大阪桐蔭)
第79回大会(平成19)中田  翔(大阪桐蔭)
第81回大会(平成21)平本龍太郎(報徳学園)
第85回大会(平成25)山田 誠也(敦賀気比)
第86回大会(平成26)岡本 和真(智弁学園)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月24日のニュース