ヤクルト 断トツのOP戦最下位 23年ぶり勝率1割未満

[ 2014年3月24日 07:36 ]

<ヤ・ロ>9回、角中に満塁弾を浴びたバーネット

オープン戦 ヤクルト1―5ロッテ

(3月23日 神宮)
 同点の9回、ヤクルトの守護神のバーネットが角中に満塁弾を浴び、またしても勝てなかった。

 オープン戦はわずか1勝、勝率.083。勝率1割未満は91年日本ハムの.067以来23年ぶりだ。

 得点圏で、あと一本が出ない試合が続き、小川監督は「最後までこういう試合で来てしまった」と嘆いた。打率.160と低迷した川端は、マルチ安打で締めたが「僕もチャンスで全く打てなかった。シーズンでは、こういうことがないようにしたい」と険しい表情だった。

 ▼ヤクルト・ナーブソン(5回3安打1失点)狙ったところに制球することができた。シーズンへの準備はできた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月24日のニュース