引退の清水、NZ代表コーチに ロッテなどで通算105勝

[ 2014年3月24日 19:04 ]

 プロ野球ロッテなどで活躍した清水直行投手(38)がニュージーランド代表チームのコーチに就任することが24日、分かった。2012年限りでDeNAから戦力外通告を受け、その後は左膝手術からのリハビリなどに取り組んでいた。同日に現役引退も発表された。

 清水は00年にロッテにドラフト2位で入団し、02年から5年連続2桁勝利をマーク。04年アテネ五輪日本代表にも選出され、05年にはロッテの日本一に貢献した。10年にトレードで横浜(現DeNA)へ移籍して10勝を挙げたが、12年は1軍登板がなかった。通算成績は105勝100敗、防御率4・16。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月24日のニュース