巨人 プロ野球最多9500号!ロペスの満弾が節目の1発

[ 2013年8月25日 21:33 ]

3回巨人1死満塁、ロペスが左中間に満塁本塁打を放つ

セ・リーグ 巨人16―2DeNA

(8月25日 横浜)
 巨人は3回のロペスの満塁本塁打で、球団通算9500本塁打に到達した。プロ野球最多で、2位は西武の8230本。

 巨人はこの試合が通算9724試合目。1号は1936年7月15日の大阪(現阪神)戦で中島治康が記録した。

 ▽高橋由(一回に適時二塁打)「自分のスイングをしようと、思い切って振っていった」

 ▽ロペス(三回の満塁本塁打が巨人の球団通算9500号)「チームに貢献できる一打をこれからも積み重ねていきたい」

 ▽阿部(七回の2ランが3年ぶりの30号)「長いシーズンを戦った積み重ねだと思っているので、増やしていけるように頑張りたい」

 ▽河野(九回に3ランでプロ初安打)「打った瞬間は訳が分からなかった。うれしかった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース