黒田「腹くくって」…自己ワーストタイ4被弾、7失点に雪辱誓う

[ 2013年8月25日 06:00 ]

<レイズ・ヤンキース>6回を投げ終えたヤンキース・黒田。この回で降板となる

ア・リーグ ヤンキース2―7レイズ

(8月23日 セントピーターズバーグ)
 ヤンキースの黒田は6回9安打7失点で9敗目を喫した。

 2回にロバトンに3ランを浴び、6月30日以来59イニングぶりに被弾。その後も打ち込まれ、4本塁打、7失点はともに自己ワーストタイとなった。リーグ1位だった防御率は2・71で4位まで落ちた。チームの連勝も5で止まり「研究されているんじゃないかと思った。自分が責任をとらないといけない。しっかり腹をくくって、次の登板を迎えたい」と次回登板での雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース