高橋周 痛恨失策…借金は今季最多15 浮上の兆し見えず

[ 2013年8月25日 06:00 ]

<中・神>9回、適時エラーにガックリの高橋周(左)と4失点で敗戦の岩瀬

セ・リーグ 中日1-4阪神

(8月24日 ナゴヤD)
 中日は土壇場で守備が乱れ、痛恨の逆転負けだ。1―0の9回1死二、三塁、岩瀬が浅井を三ゴロに打ち取ったが、高橋周がボールを握り損ねて適時失策。同点に追いつかれると、ここから守護神が踏ん張りきれずさらに3点を失った。

 この試合では4回にもエラーしていた高橋周は「僕のミスでチームに迷惑をかけた。引きずっても仕方ないので、次に出してもらった時に取り返したい」と前を向いた。9回無死一塁では新井良の二ゴロへの谷の処理が遅く、併殺を取れず。若い野手陣に足を引っ張られ、5年ぶりの4失点の岩瀬は「切り替えて踏ん張りたかった」と責任を背負った。昨季までは抜群に強かったはずのナゴヤドームで連敗し、借金は今季最多の15。高木竜の浮上の兆しが見えてこない。

 ▼中日・高木監督(守護神が打たれての逆転負けに)私に何を言えと言うの、きょう。何もない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース