藤浪 球団高卒新人3人目の100イニング超え 江夏、遠山に続いた

[ 2013年8月25日 06:00 ]

<中・神>5回無死、空振りを悔しがる藤浪

セ・リーグ 阪神4―1中日

(8月24日 ナゴヤD)
 初めて中5日で先発した阪神・藤浪は6回を5安打1失点ながら4四球と制球に苦しんだ。

 「無駄なボール球が多く、いいリズムをつくれなかった」と言うように2回までに45球。5回には先頭の投手・カブレラを四球で歩かせ、和田の左犠飛で先制点を失った。ただ、その後のピンチをしのいで最少失点でチームの勝利につなげ「リズムが悪かった中でゲームメークできたのは良かった」。この日で投球回数が100イニングを超え、球団の高卒新人では67年の江夏、86年の遠山に続き3人目の大台突破となった。和田監督も「(中5日の)影響はなかったのでは。十分、合格点」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース