中畑監督、異例の“謝罪のみ会見”「全部、私の責任です」

[ 2013年8月25日 21:42 ]

<D・巨>厳しい表情で選手交代を告げる中畑監督

セ・リーグ DeNA2―16巨人

(8月25日 横浜)
 DeNA・中畑監督は“平謝り”だった。先発・国吉が初回から巨人打線につかまり、3回までに7点を失うなど6回15安打11失点。リリーフ陣も失点を重ね、終わってみれば、16失点と“屈辱的”な大敗。勝てば今季初の巨人戦カード勝ち越しだあが、それもかなわず。

 試合後、恒例となっている監督インタビューだが、この日はインタビュアーの質問をさえぎった。そして「もう、きょうはすいません。これだけ内容のない試合をやってしまって。ファンに申し訳ない。全部、私の責任です。心を入れ替えて反省…反省するレベルじゃない。試合に臨む姿、戦う姿を取り戻してグラウンドに出たい」と一方的に話し、会見場を後にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース