青木「迷っていたらこっちの負け」4打席目に軟投派攻略

[ 2013年8月25日 12:29 ]

レッズ戦の8回、左前打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ3―6レッズ

(8月24日 シンシナティ)
 ブルワーズの青木は24日(日本時間25日)、シンシナティでのレッズ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数1安打だった。内容は左飛、左飛、一ゴロ、左前打で打率は2割8分2厘。チームは3―6で敗れた。

 青木は8回に左前打を放ち4打数1安打。「少しタイミングの取り方を変えた」と、試合の中で修正できたことを喜んだ。

 この日の相手先発は軟投派で苦手にしているアローヨ。最初の3打席は凡退したが、8回は「変則的なのでタイミングが取れるかどうか。迷っていたらこっちの負け」と気持ちを引き締め、三遊間をゴロで破った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース