ライアン小川 “カモ”広島にやられた「逃さず打たれた」

[ 2013年8月25日 06:00 ]

<広・ヤ>3回2死二、三塁、石原に四球を与えガックリの小川(中央)

セ・リーグ ヤクルト2-9広島

(8月24日 マツダ)
 ヤクルトの小川が今季5戦5勝と圧倒していた広島相手にプロ最短の3回7安打で6失点KO。自身初の連敗で4敗目を喫し「申し訳ない」と唇をかんだ。

 「変化球に全部ついてこられていた。もっと直球でいくべきだった。力んで球が浮いたところを逃さず打たれた」

 初回無死一塁で、一塁けん制を入れたが、走者の丸が一瞬逆をつかれたしぐさを見落とし、菊池に安易にストライクを投げてバスターエンドランを決められて無死二、三塁とされた。「視野が狭かった」と小川。これでリズムを崩し、キラに右中間2ランされるなど3失点、3回も4安打を浴びた。小川監督が「球の力が落ちてきている感じがする」と話すなど、疲労も出始めている。

 最多勝争いは広島・前田健に1差に迫られている。「次は反省点を修正して、低めに球を集める」と右腕は言葉に力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース