巨人21安打16得点で大勝!菅野スイスイ11勝目

[ 2013年8月25日 21:01 ]

<D・巨>9回1死一、二塁プロ初安打初本塁打を打った河野(手前)を手荒く出迎える(左から)矢野、菅野

セ・リーグ 巨人16―2DeNA

(8月25日 横浜)
 巨人が21安打16得点でDeNAに大勝し連勝を飾った。

 序盤で試合を決めた。初回2死三塁から、村田が中前適時打で先制点を叩き出すと、さらに高橋由も中越え適時二塁打を放って、この回2点を奪った。2回にも1死一、三塁から菅野の一塁内野安打で加点。3回には1死満塁からロペスが左越え16号満塁アーチを放って4点を加えた。

 中盤以降も巨人は攻撃の手を緩めず、5回にも2死二塁から菅野が右中間二塁打で加点すると、6回には1死満塁から押し出し四球とロペスの中前打、さらに押し出し死球で3点を追加。7回には阿部が右越え30号2ラン。9回にも河野が右越え1号3ランを放った。

 一方的な試合展開でも菅野は丁寧な投球を披露した。4回は無死三塁から内野ゴロの間に失点。7回には中犠飛で1点を返されたが、DeNA打線を4安打に抑え7回2失点で降板。今季11勝目を飾った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース