野上、5失点で試合壊す…返り討ちに「リズムに乗れなかった」

[ 2013年8月25日 21:34 ]

3回、ソフトバンク・松田(奥)に3ランを浴びた西武・野上

パ・リーグ 西武2―5ソフトバンク

(8月25日 西武D)
 西武は先発の野上が試合を壊した。3回まで毎回、先頭打者を出し、3回は浮いた変化球を松田にスタンドに運ばれた。ソフトバンク戦は2010年から6連勝中だったが、四回途中5失点で降板し、このカード3年ぶりの黒星。「リズムに乗れなかった。前回(7失点と)やられたので、やり返そうと思ったけど…」と悔しがった。

 渡辺監督は「序盤の大量失点は、今のうちにとって一番良くない」と嘆いた。7月2日以来の貯金ゼロで、今季このカード負け越しも決定。とうとう0・5ゲーム差の5位日本ハムの足音も迫ってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月25日のニュース