黒田 今季初勝利も中指打撲の影響「やっぱりどこか怖がっていた」

[ 2013年4月9日 10:08 ]

今季初勝利を挙げたヤンキースの黒田

ア・リーグ ヤンキース11―6インディアンス

(4月8日 クリーブランド)
 ヤンキースの黒田は8日、クリーブランドでのインディアンス戦に2度目の先発登板をし、5回1/3を3失点でまとめ、今季初勝利を挙げた。

 先頭打者を歩かせて初回から苦しい投球だった黒田。不運な内野安打などもあり、3安打2四球を許し、2本犠飛などで3点を失った。

 前回のレッドソックス戦で右手中指の打撲をした影響は隠せず「やっぱりどこか怖がって、最後の一押しが足りなかったかな」。その後は無失点に抑えたが、6回途中で球数は111球となり降板した。

 今季初勝利は打線の援護もあってのものだったことに黒田は「トータルではいい投球でなかった。気温が低くなかったのが一番だった」と振り返り、会心の笑みとはいかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月9日のニュース