球児 本拠地初戦は登板なし「甲子園に似ている」

[ 2013年4月9日 09:27 ]

ナ・リーグ中地区 カブス4―7ブルワーズ

(4月8日 シカゴ)
 カブスは約4万人のファンが集まった本拠地での初戦を白星で飾れず、4連敗となった。今季から同チームでプレーする高橋と藤川は登板機会はなかったが、高橋は「人気のある球団だとあらためて感じた。球場は古いけど、いい雰囲気。野球ができる幸せを感じる」と感慨深げだった。

 抑えを任される藤川は3点差に追い上げた九回途中から逆転を待って肩をつくった。だが、「甲子園に似ている」と好印象を持っている球場でのデビューはお預けとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月9日のニュース