ヤクルト 猫の目打線だ!故障者続出、9試合7通りオーダー

[ 2013年4月9日 06:00 ]

 ヤクルトは故障者続出の非常事態を猫の目布陣で乗り切る。

 2年連続本塁打王のバレンティンと川端の中軸2人を開幕から欠き、さらに6日のDeNA戦(神宮)で相川が左肩亜脱臼で離脱。ここまで9試合で7通りのオーダーを組んできた。池山打撃コーチは「いる選手で回して戻ってくるのを待つしかない」と今後も日替わりで打線を組む方針を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月9日のニュース