長野が精彩欠く…能見に「去年と同じやられ方をしている」

[ 2013年4月9日 21:56 ]

セ・リーグ 巨人0―2阪神

(4月9日 甲子園)
 巨人は長野が精彩を欠いた。2点を追う8回2死一、三塁では3ボールから打って出て一飛に倒れるなど、無安打2三振。打率が2割1分6厘に下がった1番打者は、能見に完封を許し「去年と同じやられ方をしている。何とかしていかないと」と悔しがった。

 守備では0―0の6回2死二塁でマートンの中前打を処理した後、本塁返球が大きくそれた。二走は生還し、マートンも二進。「投げた瞬間に送球がずれたと思った。あれは刺さないと」と肩を落とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月9日のニュース