大谷 田中に2三振…150キロ直球に「一番速かった」

[ 2013年4月9日 22:54 ]

5回日本ハム1死一、二塁、遊ゴロを放った大谷が懸命に走るが併殺に倒れる。投手田中
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム1―9楽天

(4月9日 東京D)
 日本ハムの大谷は、田中に2三振を喫するなど無安打に終わった。7回の第3打席では全球ストレートで勝負に来る確信を持ちながら、最後は150キロに空振り三振。「(今までの投手で)一番速かった。そういう球をしっかり打てるように、もっと練習したい」と刺激を受けた。

 11日の2軍戦で初めて先発するため、この日はブルペンで34球を投げるなど投手としてのメニューをこなした。フリー打撃にも臨まずに先発出場したが、好結果は残せなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月9日のニュース