マー君開幕連勝!意地の大谷斬り「簡単に打たれたら面白くない」

[ 2013年4月9日 21:45 ]

<日・楽1>3回無死、大谷は見逃し三振に倒れる

パ・リーグ 楽天9―1日本ハム

(4月9日 東京D)
 7回を5安打無四球1失点(自責0)と抜群の安定感を見せた楽天・田中が開幕2連勝を飾った。立ち上がりからスイスイとアウトを重ねていったが、本人は「何も良くなかった。どうしようかなと思っていた」と調子がいまひとつなのを自覚していた。それでも、悪いなりにまとめるのが球界のエースだ。「アウトを取ることを考えて工夫して投げた」とスピードに頼らずコースを丁寧に突いて、日本ハム打線を翻ろう、3、4回には併殺打でピンチを広げることなくしのいで見せた。

 注目の二刀流ルーキー大谷との対決は、見逃し三振、遊ゴロ併殺、空振り三振の完勝。西武・岸、ソフトバンク・摂津といった他チームのエース級が打たれていたが、完全に封じ込めた。「簡単に打たれたら面白くない。意地を見せられた」と胸を張った。

 この日の勝ちで、前日の大敗を振り払った。田中は「1試合1試合、勝ちを拾っていけるように頑張る」とあくまでも謙虚。首位争いを繰り広げるチームにエースの安定感は心強い。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月9日のニュース