PL、再び寮内で暴力…改善なされずと判断

[ 2013年4月9日 19:53 ]

PL学園6カ月試合禁止

 PL学園高が全国高校選手権大会への道を閉ざされた。12年前の寮内での激しい部内暴力を契機に、上級生と下級生による過度な上下関係の排除に努めたはずだったが、再び寮内で暴力が起きた。根本的な改善がなされていないと判断され、重い処分につながったとみられる。

 現在の河野監督は12年前も監督だった。同校は当時の野球部の寮を廃止して、部員は運動部全体として寮生活を送るなど環境改善を進めた。しかし今回以外でも不祥事はあり、日本高野連の西岡審議委員長は「過去に何度も暴力問題が起きている」と指摘した。

 PL学園高はことしの春季大阪大会を辞退し、反省の姿勢を示した。それでも同審議委員長は、暴力を受けた下級生が救急車で搬送されるという内容に「春だけではすまない」と語気を強めた。

 2009年に春夏連続出場したのを最後に甲子園大会が遠のき、近年は大阪桐蔭高などに主役の座を奪われている。部内の規律を見直すところが再出発の一歩となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年4月9日のニュース