赤ヘル打線好調!野村監督も「いい攻撃ができている」

[ 2013年4月9日 22:16 ]

セ・リーグ 広島9―2DeNA

(4月9日 横浜)
 赤ヘル打線が好調だ。広島は立ち上がりが不安定なソトに3回までに9安打を浴びせて早々に攻略。終わってみれば3試合連続となる2桁安打をマークした。野村監督は「1番の菊池、2番の丸と出塁率が高い。いい攻撃ができている」とうれしそうだった。

 昨季は貧打の打線が投手陣の足を引っ張り続けたことで、4位に終わりクライマックスシリーズ進出を逃した一因となった。それだけに指揮官は「このまま投手陣を援護してほしいね」と期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年4月9日のニュース