小林太 6失点KO…中継ぎから先発抜てきも期待外れ

[ 2012年5月23日 06:00 ]

<日・D>1回1死満塁、マウンドで先発・小林太に蹴りを入れるDeNA・友利投手コーチ

交流戦 DeNA2-6日本ハム

(5月22日 札幌D)
 今季初先発のDeNA・小林太が、4回途中6失点でKOされた。

 「低めに投げようという意識が強すぎてカウントを悪くしたのが一番駄目だった」。2回に2点の援護をもらいながら、3回にスレッジに逆転満塁弾を浴びた。それでも中畑監督は「いつも短いイニングしか投げていないし、小林太は責められない。攻撃が後半になるほど淡泊」と打線の奮起を促した。

 ▼DeNA・ラミレス(今季初のDHで3試合連続マルチ安打)状態は良くなっている。2回の内野安打は、あんなに速く走れるんだって自分でもびっくりしたよ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース