稲葉に名球会ブレザー「重みを感じている」

[ 2012年5月23日 18:22 ]

名球会の山田久志氏(右)からブレザーを着せてもらう日本ハム・稲葉

 4月28日の楽天戦で通算2000安打を達成した日本ハムの稲葉の記念セレモニーが試合前に行われ、加藤良三コミッショナーらが参加した。

 名球会の山田久志氏から濃紺のブレザーを贈られた稲葉は、晴れやかな表情で袖を通した。元チームメートのDeNA・森本から花束が手渡されると、スタンドからは大きな歓声が湧いた。稲葉は「ブレザーに袖を通すことができ非常に光栄に思うとともに、あらためて2000安打の重みを感じている」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース