打てない阪神 今季7度目零敗 交流戦球団ワースト5連敗

[ 2012年5月23日 06:00 ]

<オ・神>ベンチで渋い表情の阪神・和田監督(左から3人目)

交流戦 阪神0-6オリックス

(5月22日 京セラD)
 金子の前にわずか4安打で三塁も踏めず、阪神は今季7度目の零敗。球団ワーストに並ぶ交流戦5連敗を喫し、借金は3に膨らんだ。

 極度の打撃不振。和田監督は「最初から1点勝負のような雰囲気でやっている。チーム全体が壁にぶつかっているけど、何とかこじ開けるしかない」と嘆いた。4、8回と先頭打者が出塁も、ともに併殺打。二塁を踏んだは3回の1度だけだ。12球団で唯一、交流戦でいまだ勝ち星なし。指揮官は「(選手は)いろんなものを抱え込んでしまっている。力以上のものを出そうと思っても出ない」。そして「下を向くわけにはいかない」と自らに言い聞かせるように話した。

 ▼阪神・メッセンジャー(6回に川端に満塁アーチを被弾。今季3敗目)真っすぐを狙われていて、タイミングをずらしたけど、うまく芯に当てられて(スタンドに)持っていかれた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース