山崎、古巣に感謝の安打「幸せを感じてやらせてもらった」

[ 2012年5月23日 22:54 ]

交流戦 中日0-4楽天

(5月23日 Kスタ宮城)
 昨年まで楽天に在籍していた中日の山崎が、古巣相手の第1打席で安打を放った。二回1死一塁で、辛島の外角の変化球を左前に鋭くはじき返した。4打数1安打に「振れる傾向が出てきた。もう1本打ちたかったけどね」と話した。

 観客が「おかえりなさい」と書かれたボードを掲げるなど、打席に立つたびに楽天ファンからも大歓声で迎えられた。43歳のベテランは「覚えていてくれるのはうれしい。幸せを感じてやらせてもらった」と7季プレーした仙台に感謝していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース