またミス連発…今度は復帰初戦の石原「投手に申し訳ない」

[ 2012年5月23日 06:00 ]

<ソ・広>初回1死三塁、内川のゴロを広島・石原(右)が三塁へ悪送球し三塁走者・明石(中)に生還を許す(左はバリントン)

交流戦 広島1-9ソフトバンク

(5月22日 ヤフーD)
 早々に自滅した。左手首の故障から復帰初戦の広島・石原が初回、捕逸に悪送球とミスを連発して先制を許す。

 引きずられるようにバリントンも制球が甘くなり、一挙に5点を失い、来日最短の1回で降板。石原は「嫌な点の取られ方になった。投手に申し訳ない」とうなだれた。20日の日本ハム戦(マツダ)では4―0の9回、失策をきっかけに5点を失い、逆転負け。野村監督は「この前の流れを引きずっているのかな」と首をかしげていた。

 ▼広島・バリントン(来日最短の1回5安打5失点KO)野球にエラーは付きもの。何とかゼロに抑えようと思ったが、修正できなかった…。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース