辛島、4試合連続の好投「低めに投げられてよかった」

[ 2012年5月23日 22:50 ]

お立ち台で喜ぶ、2勝目を挙げた楽天・辛島(左)とプロ初本塁打を放った枡田

交流戦 楽天4―0中日

(5月23日 Kスタ宮城)
 楽天の辛島が4試合連続の好投を見せ、6回無失点で2勝目を挙げた。体の動きが重く、調子は良くなかったという。それでも「先に点を与えないという意識で低めに投げられてよかった」と手応えは感じていた。

 2―0の6回に1死二、三塁の危機を招いたが、この日の投球の軸となっていた伸びのある直球でブランコから空振り三振を奪うなど、後続を断った。左腕は「絶対に抑えないといけないところ。ゼロに抑えられてよかった」と胸をなで下ろした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース