小久保、3三振…2000安打到達ならず

[ 2012年5月23日 20:51 ]

7回ソフトバンク2死、空振り三振に倒れる小久保

 プロ野球交流戦、ソフトバンク―広島2回戦は23日、福岡市のヤフードームで行われ、通算2000安打にあと1本としているソフトバンクの小久保は3打数無安打に終わり、この日の記録到達はならなかった。ソフトバンクは6―3で勝った。

 小久保は6番・一塁で先発出場。2回、先頭打者として迎えた第1打席はフルカウントから高目の速球に空振り三振。4回無死二塁で迎えた第2打席はフルカウントから四球を選んだが、5回の第3打席は空振り三振。7回の第4打席も空振り三振に倒れ、その裏の守備で退いた。

 小久保が2000安打到達ならプロ野球史上41人目で、4月28日に達成した日本ハム・稲葉、5月4日に到達したヤクルト・宮本に続き今季3人目の快挙。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース