高木監督 貯金10スルリも余裕「どうってことないよ」

[ 2012年5月23日 06:00 ]

<楽・中>中断中、ベンチで森野と話す中日・高木監督

交流戦 中日3-1楽天(2回表終了 降雨ノーゲーム)

(5月22日 Kスタ宮城)
 2点リードしながら降雨コールド。勝てば貯金が2桁の10となるところだったが、中日・高木監督は「これが4回裏とかだったら別やけど、どうってことないよ。いい3点を取る練習をしたやん。続けてやって、ケガしたら困るしね」。

 それでも悔やんだのは、手の内をさらしてしまったこと。2回1死三塁で大島が意表を突くスクイズに成功。3点目を奪ったが、指揮官は「ああいうの(スクイズを見せたこと)はいかんな。参考にされる」と苦笑いだった。

 ▼中日・山崎(移籍後初の古巣・楽天戦がノーゲーム)僕個人としては、もう1日仙台にいられるのはいい。あした、いい状態でやれたら。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース