グライ、リーグ最多に並ぶ5勝目「交流戦で優勝したい」

[ 2012年5月23日 22:20 ]

お立ち台でポーズをとる、ロッテの(左から)先制打の今江と5勝目を挙げたグライシンガー

交流戦 ロッテ5―1ヤクルト

(5月23日 QVC)
 ロッテのグライシンガーがリーグトップに並ぶ5勝目を挙げた。低めに球を集め、四死球ゼロと持ち味を発揮。かつて所属したヤクルトを相手に7回4安打無失点と好投し「この調子で勝ち続け、交流戦で優勝したい」と笑顔で話した。

 投げ急いで上体が前に突っ込む悪癖があるが、西本投手コーチの指導で軸足に体重をためてから投球するよう修正。前回登板の中日戦から15イニング連続無失点とし「いつもコーチの助言と捕手の配球、野手の守備に助けられている」と周囲に感謝した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース