打線不振で4連敗…渡辺監督「こっちが追い込まれた感じ」

[ 2012年5月23日 22:03 ]

交流戦 西武0-2巨人

(5月23日 西武D)
 西武は杉内、山口とつないだ巨人の継投に沈黙した。3四球でもらった九回無死満塁の絶好機もヘルマンが三振、阿部が三ゴロ併殺打と最悪の結末に。渡辺監督は「ああいう形をつくっても、こっちが追い込まれた感じになる」と嘆いた。

 「このところ出塁率が落ちて機能していない」と見て1、2番を片岡、栗山の順に入れ替えたが2人とも無安打。広がり続ける首位ロッテとの差は9・5ゲームになった。渡辺監督は「これからもいろんなことをやっていく」と言って、自ら会見を打ち切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース