青木 長打2本と1打点「そこそこ仕事はできたと思う」

[ 2012年5月23日 13:32 ]

ジャイアンツ戦の1回、右翼線三塁打を放ち、二塁から三塁へ向かうブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ4―6ジャイアンツ

(5月22日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は22日、ミルウォーキーでのジャイアンツ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数2安打1打点だった。

 内容は右翼線三塁打、空振り三振、三ゴロ、右中間二塁打(打点1)、四球で打率2割9分6厘。

 「甘い球が来たら思い切り振ろうと思っていた」と青木。7回の適時二塁打は「ボール球。ある程度は張っていた。そこそこ仕事はできたと思う」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース