現役最年長49歳モイヤー メジャー50球場目の登板 

[ 2012年5月23日 06:00 ]

<マーリンズ・ロッキーズ>ロッキーズ・モイヤー(右)は4回途中降板でトレーシー監督にボールを手渡す

ナ・リーグ ロッキーズ4―7マーリンズ

(5月21日 フロリダ)
 現役最年長49歳左腕のロッキーズ・モイヤーが、今季開場したマーリンズ・パークでのマーリンズ戦に先発し、自身メジャー50球場目のマウンドに上がった。

 少なくとも1921年以降では50球場に投げた投手はいない。86年のデビュー戦は、マ軍の前球場サンライフ・スタジアムだった。試合は、4回途中までに9安打6失点と打ち込まれ、今季4敗目(2勝)を喫した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月23日のニュース