森野、貴重な11号3ラン!

[ 2010年7月17日 22:49 ]

5回、3ランを放ちブランコらに迎えられる中日・森野(右端)

 【中日4-0広島】中日の森野が1―0の五回、試合の大勢を決める3ランを放った。

 二塁打を放った堂上直が捕手のけん制で刺されるなど、流れが悪くなりかけた直後だった。2死から荒木、大島の連続安打で一、二塁。森野はそれまでスタルツ相手に2打席凡退していたが、思い切りよくスライダーを強振。中越えの11号で貴重な追加点を挙げた。効果的な一発に「思いきり振ったら当たった。よく入ってくれた」と満足そうに話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年7月17日のニュース