大隣 復調2勝目!「力勝負の投球できた」

[ 2010年7月17日 06:00 ]

<オ・ソ>5回無死、大隣は鈴木の打球をお手玉

 【ソフトバンク6-1オリックス】不振で2軍落ちしていたソフトバンクの大隣が、4月4日の楽天戦(Kスタ宮城)以来の2勝目を挙げた。

 7回に先頭から連打を浴びて降板したものの、6回0/3を4安打無失点と堂々の内容に「情けない結果ばかりで悔しい思いがずっとあった」と胸をなで下ろした。先頭打者に四球を許した6回は、中軸を3連続三振で後続を断ち切るなど思い切りも良かった。「力勝負の投球もできた。勝ててなかった分、チームに貢献していきたい」と誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年7月17日のニュース