八千代東 逆転負けで2年連続Vならず

[ 2010年7月17日 06:00 ]

 【千葉 八千代東2―4浦安】昨夏の代表校・八千代東が3回戦でAシードの浦安に2―4で敗れて姿を消した。

 2回2死一、三塁から重盗を決めるなど2点を先制しながら、2年生の投手陣3人が9安打7四球を許して中盤に逆転され、涙をのんだ。片岡監督は「四球やバント処理の課題が克服できなかった。もう一回鍛え直さないと」。3番三塁で出場した飯田主将も「悔いが残ります。もっと練習して準備ができたはず」とうなだれていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2010年7月17日のニュース