取手二 26年ぶりVならず…まさかの初戦敗退

[ 2010年7月17日 06:00 ]

<取手二・竜ケ崎一>初戦で敗退しガックリ肩を落とす取手二ナイン

 【茨城 取手二3-7竜ケ崎一】1984年夏に全国制覇を達成して以来、甲子園から遠ざかっている伝統校の取手二が、第4シードで臨んだ初戦で、竜ケ崎一に3―7で敗れた。

 関口監督は「厳しいですね。相手が上でした」とうなだれた。エースの友部が15安打7失点。打線も3点を奪うのがやっとだった。6月には84年夏の決勝の相手でPL学園のエースだった桑田真澄氏が同校を訪れ、エールを送った。「周囲の期待に応えるのが私の仕事」と指揮官。全国のオールドファンが復活を待っている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年7月17日のニュース