野村監督「相手より打線」

[ 2010年7月17日 22:47 ]

 【広島0-4中日】広島は中田賢の緩急をつけた投球に手を焼き、三塁さえ踏めなかった。六回以外は安打や四球などで毎回走者を出したが、畳み掛けられずに2試合続けて無得点に終わった。

 野村監督は「相手というより、うちの打線の方(に原因がある)というのが強いと思う」と、打撃不振で中田賢に完封勝ちを許したと分析した。栗原に代わって4番に座り続ける嶋もここ2試合無安打と調子は下降気味で、指揮官は「ちょっと対策を考えたい」と打順の組み替えなどのてこ入れを示唆した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年7月17日のニュース