×

暁斗 日本勢最高も9位、前半出遅れ響く W杯複合男子個人第2戦

[ 2021年11月28日 05:30 ]

W杯複合男子個人第2戦 渡部暁斗(右)の後半距離
Photo By 共同

 ノルディックスキーのW杯複合男子個人第2戦は27日、フィンランド・ルカで行われ、渡部暁斗(北野建設)は日本勢最高の9位だった。前半飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)で130メートルの140・5点で13位と出遅れが響き、前日に12位に終わった開幕戦に続いて上位争いに絡めなかった。飛躍で134メートルをマークし日本勢最高の4位につけていた山本涼太(長野日野自動車)は10位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月28日のニュース